ウィンブルドン 2016 4回戦 錦織vsチリッチ 土居vsケルバー

今年のウィンブルドン、日本選手が男女とも敗退してしまいました(>_<)

錦織圭は初戦からいつ棄権してもおかしくないような状態で戦っていたので、
「とうとうきたか。」という感じでしたね。
万全の状態でも手ごわいチリッチ相手に、ファーストサーブが150キロくらいしか
出ないような痛みを抱えて勝負になるわけがないので、
途中棄権はいたしかたないですね。
むしろ2セットの終わりかけまで判断を引っ張ったのは遅かったぐらいです。
それもウィンブルドンという、選手にとっての夢の舞台なので
仕方ないかもしれません。

今回、少し無理したために、リオオリンピックの出場が微妙になってきた気がします。
オリンピックの後には、得意のハードコートの全米が控えているので難しいところですね。

もちろん、体が戦える状態に回復して、メダルを狙えそうなら出場してほしいですが、
体に不安を抱えたままなら、治安の悪さやジカ熱の問題もあることですし、
欠場して全米に備えた方がいいのかもしれません。

そして一方、女子の試合ですが、
土居vsケルバー。
個人的には錦織の試合よりも勝ち目があると思って期待していたんですが、
甘かったですね。

全豪でいい試合をしたとはいえ、やはり世界のトップ選手。
初戦で当たった全豪と違い、今回はセカンドウィークでピークに近い状態だったのか、
付け入る隙がなかったですね。ファーストセットは土居もそこそこ頑張ったんですが、
3-6、1-6で完敗でした。

しかし今回、4回戦まで進出したことで、ランキングも上がるでしょうし、
全米でシードがもらえる32位も夢ではなくなったんじゃないでしょうか。
フォアハンドの攻撃力は女子ツアーの中でもかなり上位だと思いますし、
がんばってほしいですね。

男子は錦織以外にグランドスラムで活躍できそうな選手はまだ出てきてないですが、
ダニエル太郎あたりがもう少しで本格化しそうな気配もあります。

女子は土居のほかにも、奈良くるみが復活のきざしがみえたり、
今回はケガで出てなかったですが、大坂なおみなんかも化けそうですよね。

全米も日本選手が活躍してくれそうな気がします。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック